雇われイラストレーターの奮闘日記

中小企業所属イラストレーター、10年目に突入!イラストを描く仕事に就きたい方、転職したい方に少しでも参考になる情報を発信していきたいと思います☆

「チームで勝つ」心がラクになる考え方

いつもありがとうございます。シロキ マクです(^_^)

 

本日は、「チームで勝つ」ということについて、少し触れてみたいと思います。

 

誰でも皆、仕事・プライベートに関わらず、

「注目されたい」「1番になりたい」

という気持ちは多少なりとも持っているのではないでしょうか。

全ての仕事で言えることだと思いますが、

では、企業で働くイラストレーターの場合はどうでしょう?

 

会社には、自分と同じようにイラストレーターとして働く方がたくさんいます。

 

一緒に仕事をする同僚は、もちろん仲間なのですが、やはり、そこは同じようにイラストを描く者同士。

どうしても「ライバル」として見てしまう傾向はあるかと思います(;^_^A

 

それがやる気に繋がることもあるでしょうし、決して悪いことばかりではないのですが、それがストレスになってしまったり、焦ったり落ち込む理由になってしまう場合は少々しんどいかもしれません。

 

「個性が異なる」、「描くイラストも異なる」と頭では分かっていても、上手く割り切れない人はいるかもしれません。

 

また、キャリアを重ねていくと、新人の頃とは違い、余計にプレッシャーを感じることは増えていきます。

周りのイラストレーターの方と比べてしまって、私も「もっと頑張らないと」と勝手に自分を追い込んでしまう時期はありましたσ(^_^;)

 

そんな時に、上司のある一言でラクになれました。

 

上司<「『チームで勝つ』と考えたら良いんじゃない?」

 

チームで勝つということ

 

上司<「人は、「自分」だけに注目してしまうと、苦しい。

自分はあの人に負けているんじゃないか。

自分よりあの人のほうが依頼を多く受けているんじゃないか。

そんなことばかりに意識がいってしまう。

 

でも、「自分」が注目されたい、1番になりたいという気持ち自体は、

とても大切なことだと思う。

クリエイターなら、そのくらい強い気持ちは必要だし、それは強みだからむしろ大切にすべき。

 

でも、その気持ちを大切にしつつ、同時に、

自分を「イラストレーターというチームの中の1人」と考えたらどうだろう?

 

例えば、あの人があの案件を引き受けてくれているから、自分は今の仕事に集中することが出来る。とかね。

 

自分1人で出来ることなんて限られている。

 

それぞれの仲間が、それぞれの得意な分野で活躍することで、

社内の「イラストレーター」の信頼度・期待値があがることに、喜びを見出したらどうだろう?

 

それが「チームで勝つ」ということだね。

 

 

上司の言葉で、私が「自分」ばかりに目がいっていたことに気づかされました。

自分が自分の仕事に集中できることの有難さを噛みしめるようになりました。

 

イラストレーターに依頼される案件全てを自分1人でこなすことなど到底無理。

役割を分担するからこそ、自分は今の仕事に全力を注ぐことが出来る。

でも、そのことを感謝したことが自分にはあったのか?

 

その時から、「チームの中の1人」ということを意識し始めました。

 

 

「1番になりたい。」

それは、クリエイターであれば、きっと誰もが思うこと。

 

けれど、その気持ちだけだと、必ず苦しいときがやってくるように思います(;^_^A

自分自身の内面を成長させることもなかなかできません。

 

チームということを意識していると、視野が広がり、より会社全体にとって良い仕事が出来る自分へと変わっていけるように思います(*^^*)