雇われイラストレーターの奮闘日記

中小企業所属イラストレーター、10年目に突入!イラストを描く仕事に就きたい方、転職したい方に少しでも参考になる情報を発信していきたいと思います☆

企業デビュー「こんなイラスト、今まで描いたことがない」

前回は、私は企業でイラストを描くことで、自分でも気づいていなかった個性に気づくことが出来た、とお伝えいたしました(^_^)

今回は、このことにについて、もう少し詳しくお話ししたいと思います。

 

 前回の記事 ↓

 

入社当初は、私がどんなイラストが描けるのか、社員の方にはまだ分かりません。

採用面接のポートフォリオ(作品集)を見た方はほんの一部のため、ほとんどの方が、私に何を依頼できるか分からない状態。

 

それでも、いちようイラストレーターとして入社したため、

依頼者の方も初めは恐る恐る(( ̄_ ̄ i))依頼をしてくださいました(笑)

 

そうして、1つ1つの依頼をこなしていくうちに、だんだんと「こんなイラストが描けるのか」と認識されていきました。

 

しかし、そこはやはり企業イラストレーター。

同じ社内にいるため、相談がしやすいということもあって・・・

 

 

予想の斜め上の依頼がくるようになりました; ̄ロ ̄)!!

 

「こんなタッチ、今まで描いたことがない」という依頼です。

 

本当に自分が描いたの?

迷っている時間はないため、毎回、「どうやったら」描けるか、必死に考えます。

<( ̄口 ̄||)>! !<(|| ̄口 ̄)>

 

ネット上の色々な画像を見てイメージを膨らませ、とにかく手を動かします。

描いては依頼者に見ていただき、修正する、の繰り返し。ボツを頂くこともしばしば。

 

しかし、工夫を重ね、どうにか作成を進めていくと・・

 

完成したものは、「本当に自分が描いたの?」というイラスト。

 

今まで描いたことのないタッチで描いたので、当然と言えば当然なのですが・・。

 

その時に気づきました。

私自身が、自分の描けるイラストを勝手に決めつけていたことに。

「描けるもの」を描いてきたことに。

 

そのことが悪いとかでは全くなく、

「描いたことがないイラスト」は、挑戦したことがないだけで、描く力自体は自分の中にまだまだ眠っているのかもしれない、と思いました。

 

その時からです。俄然、仕事が面白くなったのは。

描いたことがないタッチのイラストを依頼された場合は特に^^

 

「自分の中の、まだ気づいていない個性をまた1つ見つけられるかもしれない」

 

そんな期待に胸をふくらませつつ、胃を痛めつつ(笑)

企業イラストレーターの面白さの1つかもしれません☆

 

 

以上、前回から少し踏み込んで、お話をいたしました^^

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ではでは、また次回に☆