雇われイラストレーターの奮闘日記

中小企業所属イラストレーター、10年目に突入!イラストを描く仕事に就きたい方、転職したい方に少しでも参考になる情報を発信していきたいと思います☆

企業イラストレーターは「個性」を出せるのか?

本日は、昨日の記事に関連する内容をお話ししたいと思います^^

 

昨日は、「○○っぽく描いてみて」という依頼を受けた場合のお話をいたしました☆

この「○○っぽく」という、具体的なイラストレーターを指定して依頼されることは、実はよくあります。

 

こう聞くと、

 

「企業では、自分の個性を出したイラストは、あまり描けないのでは??」( ̄ロ ̄lll)

 

と心配される方がいるかもしれませんσ(^_^;)

  

世の中には作品の「強い個性」が多くの人を魅了し、トップで活躍されているイラストレーターはたくさんいらっしゃいます。

 

そして、恐らくイラストを描く方のほとんどが、何らかの「自分だけの個性」を欲していると思います。

自分が好きなイラストレーターの作品を見て、

「自分もこんなイラストを描けるようになりたいな・・」

という憧れの気持ちを持つのも、その人のイラストの「個性」に惹かれているわけです。

 

フリーランスで働く・企業で働くことに関わらず、イラストの道を志すのであれば、やはり「自分の個性」は打ち出していきたいもの。

 

 では、気になる、「企業で働くイラストレーター」の場合の「個性の打ち出し方」についてです。

※会社によって仕事のかたちは異なります。あくまで私の10年間の経験からのお話になります(;^_^A

 

 企業イラストレーターは「個性」を出せるのか?

 企業で働くイラストレーターの場合、まず「個性」云々の前に「依頼者の要望」があります。

企業は、ネットで見た自分のイラストを気に入って依頼される、というわけではないため、

 「このイラストを描くイラストレーターに描いてもらいたい」ではなく、

「あなたに依頼します」からスタートです。

 

【順番】

依頼を受ける

どんなタッチで描くか打合せして決める

 

基本、このような流れになります。

 

 以前、下記の記事で「依頼される案件ごとに、カメレオンのようにタッチを変化させる必要がある」というお話ししたように、依頼内容によって、描くイラストのタッチは変わってきます。 

 

ただ、「自分の個性」を出せないわけでは決してありません。

その時々によって、「打ち出す個性」が変わるんです。

 

自分の中にある、写実的な部分、繊細な部分、好きな色味・形、強さ・弱さ、ポップさ、柔らかさ・・・

 

打合せで決定した「今回のタッチ」を描くために、自分の中にある色々な「個性」をちょっとずつ集めて作品に落とし込むイメージです。

 

 イラストには、必ず「自分」が出ます。

 

たとえ「指定されたタッチ」で描いたイラストだとしても、です。

出したくなくても絶対に出てしまうものだと思います^^;(笑)

 

私自身は、自分の中にあって、でもまだ気づけていなかった「個性」を、企業で働くことで見つけることが出来ました。

「こんな絵を描けるのか」という発見や感動がたくさんありました。

(詳しくは、また次回にお話ししたいと思います。)

 

 ただ、もし、もう「自分の個性」が完全に完成していて、

「このタッチだけでずっと絵を描いていきたい!」

という気持ちが強い人にとっては、少ししんどい仕事かもしれません(;^_^A

 

自分の絵がもう完成しているのであれば、その作品を発表していける道を選ぶのも、1つの選択だと思います。

 

 

 どの道を選んだとしても、個性はでるもの。

 

その広がりであったり、強く出てくるタイミングに、違いがあるとしても。

 

 

 以上、今回は「個性」についてお話しいたしました(*^^*)

またまた、続きは次回に☆